ペンギンのメモ帖一個獲得

MMORPGラグナロクオンラインCHAOSサーバーで活動してます。 メインはチェイサーで、ネタをちょこちょこつけていこうと思います。

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ADS材料集め その2 【毒キノコの胞子編】

2008.08.07.Thu
毒キノコといえばマリオ・・・じゃなくてポイズンスポアヽ(*'ω')ノ

○ポイズンスポアドロップテーブル(RAGtime様より)
毒キノコの胞子 (90.01%)
ハット[1] (0.21%)
緑ハーブ (5.51%)
青ハーブ (0.61%)
カルボーディル (0.51%)
きのこの胞子 (12.01%)
ジャルゴン (0.06%)
ポイズンスポアカード (0.02%)

さて、ポイズンスポアの生息地を調べてみると

○pay_fild05:フェイヨン迷いの森 05(フェイヨン↓↓)
map_pay_fild05.jpg

○mjolnir_07:ミョルニール山脈 07(ゲフェン→→↑)
map_mjolnir_07.jpg

○gef_dun00:ゲフェン地下ダンジョン B1F
map_gef_dun00.jpg

○生息数ランキング
1 pay_fild05:フェイヨン迷いの森05 65匹 即湧き
2 mjolnir_07:ミョルニール山脈07 60匹 即湧き
3 gef_dun00:ゲフェン地下ダンジョンB1F 25匹 即湧き

生息数から見るとベスト3は上記の順になりました。

なるほど

昔はポイズンスポアといえばゲフェン地下ダンジョンだったが、
今は圧倒的にフェイヨン↓↓↓やゲフェン→→↑の多いんだな。

と判断し、とりあえずゲフェン→→↑で狩りを始めました。

が、何やらおかしいのです。

60匹生息しているはずなのに、どうも敵が見つかりにくい・・・
頼りは昔の体感のみですが、それにしても狩りのテンポが悪いことにしばらくして気づく。

ギルドメンバー(POH)に聞いてみると、

「ゲフェン地下Dの方がいいよ、テレポしたら一匹敵がいる感じ。」

まじですかΣ('-'ノ)
ゲフェンDは25匹しかいないすよ?
そんな流れでさっそく調査してみました。

まずは、マップの大きさ。
ミニマップを見る限りは、違いがよくわからないので、
ボーリングバッシュをするときにお世話になる
ガーターライン入りのMAP画像で比較してみました。

ガーターラインで囲まれた正方形を1ブロックとして数えてみます。

○マップの大きさ比較(まぷーびーびー様より)
ゲフェン地下ダンジョンB1F gef_dun00 25ブロック
フェイヨン迷いの森05 pay_fild05 70ブロック
ミョルニール山脈07 mjolnir_07 100ブロック

('Д';)ギョギョギョ

MAPの大きさが全く違うことに驚愕する熱帯ぺんぎん。

い、いや、ま、待てよ。
ブロック比較なら大体の大きさはわかったが、
ブロックの中には進入不可領域も混ざってるわけで、
自信をもってこっちの方が密度が高い!とは言い切れないのではないか。

ならば・・・

進入可能領域(セル)を数えるまで!
現地に赴き、1歩ずつ歩き、カウントしてゆく・・・

1,2,3・・・・


100,101,102・・・


1000,1001,1002・・・

ハァハァ

10000,10001,10003・・・


ふー、ゲフェンダンジョンB1Fの進入可能マス数は一万とさんびゃk・・・




嘘だ!!(ひぐらし風)


('Д';)


(;'Д')


('Д')


だ、だって、苦労話にしたほうが同情が買えるってばっちゃが(ry

以下現実。

ぐぐる。

見つからない。

諦める。

ニコニコ動画みる。

思い出す。

エクセルでひぐらしのなく頃に解OP
(見るにはニコニコ動画ユーザ登録必要)

画像から色を抽出できることを。

VisualBasicでつくる。

MAP画像に困る。

ギルメンから情報得る。

画像を借りて解析。

keisoku_map_02.jpg

参照MAP画像:ホムAI解析画像?(姫野みこと Official WebSite様より)

現在に至る。

上の画像はMAP画像の白色(進入可能セル)のドットの数を、
ひたすら数えるだけのプログラムの様子。

1ドット=1マス?として計測させてみた。

○マップの広さ
ゲフェン地下ダンジョンB1F(gef_dun00) 10348(101*101)
フェイヨン迷いの森05(pay_fild05) 30154(173*173)
ミョルニール山脈07(mjolnir_07) 53457(231*231)
※()内は平方面積に換算した場合
(計測ミス修正8/23、ゲフェD変更なし、29640→30154、47089→53457)
(計測ミス修正8/24、10359→10348、森05変更なし、山脈07変更なし)

○モンスターの密度?(升/匹)
ゲフェン地下ダンジョンB1F(gef_dun00) 10348/25=413(20*20)
フェイヨン迷いの森05(pay_fild05) 30154/65=464(22*22)
ミョルニール山脈07(mjolnir_07) 53457/60=891(30*30)
(計測ミス修正8/23、ゲフェD変更なし、456→464、785→891)
(計測ミス修正8/24、414→413、森05変更なし、山脈07変更なし)

そういえば、升(マス)と書いてチートと読めると知ったときすげーてオモタ(関係ナシ)

升 チ-ト 

結果
ゲフェン地下ダンジョンB1Fは、413(20*20)升に一匹生息している割合になるので、
ゲフェン地下ダンジョンB1Fが最も生息密度が大きいといえるでしょう。

升数があっていればですが・・・(自信ナシ)

ちなみにプレイヤーのキャラクター認識可能範囲は841(自分中心29*29)升なので、
テレポすれば一匹いるという助言は鋭いと言わざるを得ない。


○皇帝Penguinステータス
ads_dokuhousi_koutei_01.jpg

熱帯P「よぅ!皇帝P久しぶりー。」

「最近、オレさー。ペンギンのメモ帖ってところで引っ張りだこでよー(笑)」

「今日も植物の茎集め行かなきゃならんから毒胞子頼むわw」

皇帝P「・・・。」

最近とんとお目にかからない皇帝Penguinが今回担当することになりました。
(´;ω;`)ヾ('ω'*)ナクナ

SPが豊富な魔法チェイサーは材料集めは得意分野。
しかし、欠点もあります。
それはASPDが極端に低いこと。

弱いMOBなら関係なくね?

そういきたいところなんですが、
ASPDが低いということは通常攻撃に限らずスキルにも影響するのです。
それがモーションディレイ(スキル使用後ディレイと別。)
モーションディレイはASPDに依存します。
(モーションディレイはスキルによって違う?計算式不明)
モーションディレイはスティールにも影響があり、
スキル使用失敗でモーションが発動しない場合でもモーションディレイ時間は存在します。

例えば皇帝PenguinがペコHB+弓を装備した場合、ASPDは150。
ads_dokuhousi_koutei_07.jpg

ASPD150=1秒に1回攻撃。

スティールをしても通常攻撃をしても、このASPDに依存するとなると、
だるさが想像できると思います(´Д`;ダルー

効率的には致命的とまではいいませんが、
これは想像以上にストレスが溜まります(`Д´)イライラ

そこで少しでもASPD低下を緩和する策をとります。

○シーフセット
自動的にインティミデイトが発動しなくなる。
攻撃速度5%増加
移動速度増加
AGI+5、STR+5
シーフ系職業がこのセットを装備すると、スキル使用時にジェムストーンを消耗しない。

ASPDが減少するペコHBを外し、シーフセットで移動速度増加を代用。
さらに攻撃速度5%上昇することで結果ASPD160になりました。

ASPD160=0.8秒に1回攻撃

ゲフェンD地下1Fにはハンターフライがいるので、
回避できるだけのFLEEを確保した装備になっています。

ハンターフライ95%回避FLEE189

ハンターフライはルドラ弓(切替え)、矢でDS4発。
攻撃が少し痛いので、ルドラ弓のヒールlv1が役に立ちます。
ads_dokuhousi_koutei_02.jpg

○クローンスキル
skill-tioaputya.jpg
飛び蹴りでの矢の消費なし。

ポイズンスポアのHPは665。

ティオアプチャギ+通常攻撃1回
通常攻撃2回
ダブルアタック1回

のいずれかでたおすことができます。
倒し方は植物の茎編と変わりありません。以下SSのみ。

ads_dokuhousi_koutei_03.jpg

ads_dokuhousi_koutei_04.jpg

ads_dokuhousi_koutei_05.jpg

ads_dokuhousi_koutei_06.jpg

○ポイズンスポアステータス(RO2様より)
植物 [中] / 毒1
Level 19 HP 665 Base
経験値 186 Job 経験値 93
ASPD 117 ATK 89~101 秒間最大ATK 61
DEF 0+25 MDEF 0+12
DEX / LUK 24 / 0
95%回避 FLEE 118 100%命中 HIT 58
アクティブ ○ BOSS属性 ×


30分で毒胞子500個程度(1時間1000個)
おまけでカルボーディルが出ます。

○1時間あたりのカルボーディル獲得量
1.ドロップ
毒胞子1時間1000個
毒胞子ドロップテーブル1番目

とすると、1時間で倒しているポイスポの数は556匹。

カルボーディルのドロップ率0.51%
556*0.0051=2.8個
1時間で2.8個ドロップ。

2.スティール
カルボーディル(0.51%)ドロップテーブル5番目
ポイズンスポアDEX24
皇帝PenguinDEX113

ドロップテーブル1番目のアイテムを考えた場合、
敵とのDEX差88↑になるとドロップ率よりもスティール成功率が上回ります。
(スティールLv10の場合)
今回はDEX差89のため、各々のドロップ率とスティール成功率はほぼ同じとなります。

(1-0.9001)*(1-0.0021)*(1-0.0551)*(1-0.0061)*0.0051*556=0.27個
1時間で0.27個スティールすることができる。

ドロップとスティールを合わせると2.8+0.27=3個
1時間でカルボーディル3個獲得できたらいいんジャマイカ。
カルボーディル相場80kz


君と僕との(*'ω')人('ω'*)G☆P

コメント

目から鱗が・・

2008-08-14.Thu 15:55
密度計算はどうにかして出来ないか悩んでみたものの挫折していたので、記事を読んだ時に思わず声に出して感動してしまいました……!
もし不都合が無ければVBでのドット数を数えるプログラムも配布して頂けたら嬉しいです。ちょっとプログラム系が全然分からない子なので自作することができず。。。

いつも記事楽しく読ませて頂いてます、これからも頑張ってください。
URL|みたらし団子 #-[ 編集]

2008-08-18.Mon 20:26
>>みたらし団子さん
こんばんわΣ('-'ノ)ノ
プログラムですが少し自信がないので、
公開はしばらく考えさせてください。
すべてのマップの広さを書き出しいていくのも悪くないと思いましたので、
いつか情報の一つとしてまとめて記事にしていければと思っています。
しかし、広さ計測はいまひとつ正確さが確認できないでいるので、
不確かな情報を流すのも考え物でして悩んでおります。
何かいい手があるといいのですが(うーむ)
URL|熱帯ぺんぎん #DGMx14d6[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。